グラビティ鋳造法によるアルミ合金鋳物部品の鋳造・鍛造メーカー

 
       
 
(株)松栄製作所ホーム
会社概要
事業内容
アルミ鋳造と当社のこだわり
主要設備一覧
お問い合わせ
サイトマップ

 

事業内容
アルミ合金部品製造販売
金型重力鋳造(GDC)
鋳造・鍛造(C&F)
T5・T6 等の熱処理

対応アルミ材質
常時生産材料
  AC1B, AC4A, AC4CH
T-31(JIS4D相当)
DK2(JIS1B相当)
EC材(純AL)
他経験材
  AC4B, AC7A, AC9B

 アルミ鋳造と当社のこだわり

SHOEI

 

 アルミ合金の鋳造法


  アルミ合金の鋳造法は大きく分けて、「砂型鋳物品」、「金型鋳造品」、「ダイカスト品」に大別されます。

金型鋳造とは、溶湯を重力(Gravity)のみで金型(Die)に鋳込む(Casting)鋳造法のことです。 このため、グラビティ鋳造(GDC)とも言われます。

金型鋳造品(グラビティ鋳造品)は、一般に生産性、寸法精度、鋳肌、単価、型費等はダイカストと砂型鋳物の中間で、ピンホール欠陥も少なく、耐圧性など優れているなどの特徴があります。
   
 
  生産性 寸法精度 鋳肌外観 単価 型費 耐圧性 熱処理 シェル中子
砂型鋳物
金型鋳造品
ダイカスト品

 

 材料について


  鋳物用アルミ合金地金の種類は、JISの場合AC1AからAC9B迄あり、それぞれ合金の特色があります。
製品の用途等によって、どの材料が適切か決められます。

当社の生産材料は、下表のとおりです。
 
材質 合金系
合金の特色
一般用途例
当社用途例
AC1B
Al-Cu 強度、切削性が良い。鋳造性、耐食性は悪い。 架線用部品、自転車部品、電装品等 C&F各種製品
AC2B Al-Cu-Si 鋳造性は良い。一般用。 マニホールド、シリンダー、自動車足回り部品 二輪車部品、建機部品等
AC4A Al-Si-Mg 鋳造性、靭性が良い。大型鋳物に適す。 ブレーキドラム、ミッションケース、ギアボックス 四輪ターボ部品、建機油圧部品
AC4CH Al-Si-Mg 鋳造性に優れ、耐食性、耐圧性も良い。 油圧部品、船舶部品等 二輪車部品、耐圧部品、架線部品等
   
  その他特殊材(メーカー:サミット昭和アルミ)
 
材質 合金系
合金の特色
一般用途例
当社用途例
DK-2
Al-Cu
高力鋳物用合金。熱処理により、高い強度と高い靭性を有する。
飛行場照明灯器、自転車部品
自転車C&F製品
T-31 Al-Cu-Si 耐圧鋳物用アルミニウム合金。鋳造性、靭性に優れる。 二輪保安部品、油圧機器部品、耐圧製品 建機油圧部品
   
  その他経験材料としては、ADC12、AC4B、AC5A、AC7A、AC9B、純アルミ等があります。

 

 当社のこだわり


  こだわり1(金型鋳造に特化)
    当社は、より高品質な製品を、より安価でご提供するために、2006年5月にダイカストから撤退、金型鋳造品(グラビティ鋳造品)に特化しました。これにより経営資源を集中させることができ、効率化やコスト削減が可能となりました。専門メーカーとして、専門知識を結集して製品開発しております。
     
  こだわり2(材料)
    材料メーカーによっては、各成分が規格どおりでも不純物が多い場合もあり、鋳造品質に影響が出ることもあります。当社は、信頼できる有名メーカーから購入、規格以外の微量成分値も要求し、材料品質を保証しています。
     
  こだわり3(溶湯管理)
    いくら良い材料を使用しても溶湯管理が悪ければ、どうしようもありません。
溶湯品質は製品の品質を決定する最も重要な要です。
当社では、鋳物を造るうえにおいて、清浄(介在物、ガスが少ない)で、改良処理された溶湯を使用することを基本とし、脱滓、脱ガス処理、改良処理を確実に行い、その成果は、減圧凝固試験器やKモールド試験、成分分析器などで確認しております。
    溶湯管理
     
  こだわり4(型整備/塗型)
    金型鋳造は、ダイカストのように都度、離型材を吹きかける事はせず、型段取り前に型整備と塗型をセットで
行います。
型整備は、金型をオーバーホールして、入子や、ガス抜き等のスジ・溝などを再整備します。
塗型は、鋳型の寿命や型離れを良くするだけでなく、鋳型の温度とアルミの凝固をコントロールさせる(指向性凝固)ことが出来ます。
ダイカストのように圧力をかけて鋳造しませんし、湯温や型温も高い為、型整備や塗型は鋳造品質上、大変重要な工程です。
当社では、一品毎の各場所の塗型材、膜厚が標準書で決められ、それに基づき、膜厚計や表面温度計を使用して確実に施行することで、毎回同じ品質の塗型をすることができます。
     
  こだわり5(金型設計と鋳造試作)
    当社では長年鋳造現場や型整備に従事した、金型鋳造を熟知した技術者が金型を設計しています。
当然設計者は鋳造試作に立会い、不具合の際は的確・迅速に図面に反映させ、短時間に正確な型修正ができます。
また、試作品の内部品質確認も社内のX線装置や工作機械で瞬時に確認し、是正することで、最適な鋳造条件を抽出しています。
もちろん、各種条件を詳細に記録した試作記録や、金型修正記録も蓄積されていますので、更新時や類似品の設計、および新規品にも、そのデータを展開できます。


▲アルミ鋳造と当社のこだわりのトップへ戻る
 
   
アルミ インゴット 株式会社松栄製作所 〒386-2202 長野県上田市真田町本原4140番地
TEL(0268)72-4400  FAX(0268)72-4402
(C)Copyright SHOEI Co., LTD. All rights reserved.