グラビティ鋳造法によるアルミ合金鋳物部品の鋳造・鍛造メーカー

 
       
 
(株)松栄製作所ホーム
会社概要
事業内容
アルミ鋳造と当社のこだわり
主要設備一覧
お問い合わせ
サイトマップ

 

事業内容
アルミ合金部品製造販売
金型重力鋳造(GDC)
鋳造・鍛造(C&F)
T5・T6 等の熱処理

対応アルミ材質
常時生産材料
  AC1B, AC4A, AC4CH
T-31(JIS4D相当)
DK2(JIS1B相当)
EC材(純AL)
他経験材
  AC4B, AC7A, AC9B

 事業内容

SHOEI

株式会社松栄製作所では、自動車部品・建機部品・ニ輪車部品等を金型鋳造法(GDC)で、自転車部品等を鋳造鍛造法(C&F)で製造販売しております。

 

 素材設計・金型設計(CAD)

 

 

素材設計・金型設計 3D-CAD

3D-CADの導入により、設計段階でお客様や社内の製造部門と充分に協議することが可能になりました。
また、3D-CADデータを専属金型メーカーとオンライン通信することで、短納期造型が実現しました。

これらにより、より完成度の高い金型を安価で造型、
製品のQCDにも貢献しています。


  素材設計(承認御願図) 金型設計 凝固解析
  素材設計(承認御願図) 金型設計 凝固解析

 

 金型鋳造(GDC)


  当社のGDC製品は、自転車・二輪車などの重要保安部品や、四輪車・建機などの機能/耐圧製品が主体です。
       
  鋳造工程 二輪車部品例 自動車・建機部品例
  鋳造工程 二輪車部品例 自動車・建機部品例

 

 鋳造鍛造(C&F)


  鋳造と鍛造の組み合わせでより高品質の製品が誕生
           
  GDC+熱間鍛造   鍛造工程    
         
  鋳造ブランクを使用することで、材料の高歩留まり、個数取同時鍛造が可能(小物製品)、粗鍛造型不要などから、鍛造と比較してコスト低減がはかれます。鋳造品との比較では、寸法精度、表面粗さ、耐圧性、機械的性質等が大幅に改善されます。     C&Fの製品例
      鍛造工程   C&Fの製品例

 

 仕上〜熱処理、出荷検査工程


  仕上げ工程(湯口切)   熱処理〜出荷検査
  仕上げ工程(湯口切)   熱処理〜出荷検査

 

 品質保証(QC)


  引張り強度・伸び、硬度、合金成分・組織、X線検査など、品質を更に確実なものとするための徹底した検査体制。
重要保安部品や耐圧部品で実証されたSHOEIのGDCやC&Fの技術も、日々のたゆまぬ努力で支えられています。
★国際品質規格のISO9001:2008を認証取得しております。
               
  アムスラー試験機   硬度測定   発光成分分析装置   金属顕微鏡によるミクロ組織観察
  アムスラー試験機   硬度測定   発光成分分析装置   金属顕微鏡による
ミクロ組織観察
  蛍光探傷検査   X線装置による内部品質検査   三次元測定器   品質会議
  蛍光探傷検査   X線装置による
内部品質検査
  三次元測定器   品質会議

 

▲事業内容のトップへ戻る
 
   
アルミ インゴット 株式会社松栄製作所 〒386-2202 長野県上田市真田町本原4140番地
TEL(0268)72-4400  FAX(0268)72-4402
(C)Copyright SHOEI Co., LTD. All rights reserved.